ジブリパーク

中日新聞が「月刊ジブリパーク」をスタート(随時更新中)

こんにちは、たけろーです。

数あるブログの中で訪問していただき、ありがとうございます。

今回は、2022年秋に開業予定のジブリパーク(愛知県長久手市)を盛り上げようと、地元の中日新聞(名古屋市)が2020年9月27日に始めた「月刊ジブリパーク」を紹介します。

既に公表されている通り、ジブリパークは、公設民営方式です。

愛知県がジブリパークを整備し、スタジオジブリと地元の中日新聞社が共同出資する新会社が管理運営をします。

2019年11月1日、スタジオジブリと地元の中日新聞社が、管理運営をする「株式会社ジブリパーク」を設立しました。

ジブリパークの姿が見えてきた!2020年工事がスタート 運営会社も設立こんにちは、たけろーです。 数あるブログの中で訪問いただき、ありがとうございます。  ここで...

中日新聞は、ジブリパークの運営に参加しているので、最新情報をもっています。

その中日新聞が毎月1回、特集紙面でさまざまな企画記事を提供していくというわけですね。

1面8段を使っているので、読み応えがありますよ。

たけろー
たけろー
この連載を読んでいくと、開業までにジブリパークに詳しくなれそうだね。
たけこ
たけこ
うちは、新聞を取っているからいいけど、取っていないと読めないね。
たけろー
たけろー
そうだね。あとは、中日新聞の発行エリア外の遠方の人も読めない。だから、記事を要約して、情報の大事な部分は、このブログで紹介していこうと。毎月の発行後、このブログ記事も更新していくよ。
たけほ
たけほ
それはいいっ!

月刊ジブリパーク 2020年9月27日号

初回は、改めて、ジブリパークの5つのエリアを紹介しています。

また、これまでの経緯を要約した年表も掲載しています。

そのあたりについては、こちらの記事の方が詳しいと思いますので、

よろしければご参照ください。

ジブリパークの5エリアの計画は? いつ、どんな公園になるの?こんにちは、たけろーです。 数あるブログの中で訪問していただき、ありがとうございます。 愛知...
ジブリパークの姿が見えてきた!2020年工事がスタート 運営会社も設立こんにちは、たけろーです。 数あるブログの中で訪問いただき、ありがとうございます。  ここで...
ジブリパーク←モリコロパークはこんな公園! なぜ、愛知なの?こんにちは、たけろーです。 数あるブログの中で訪問していただき、ありがとうございます。 というわけで...

今回のメイン記事は、ジブリパークのクリエーティブディレクターを務めるスタジオジブリの宮崎吾朗監督のインタビューです。

何回に分けて掲載されます。

1回目のテーマは脱テーマパークです。

脱テーマパーク

宮崎監督のインタビューの要旨は次の通りです。

ジブリパークのテーマパークをやらないかという話は、これまでも持ち込まれました。でも、ジブリの作品は、現実世界に立脚しているので、テーマパークには向かないと思っていました。

テーマパークは、ファンタジーが現実世界にはみ出してきているものなので、ジブリ作品とは違うという感覚がありました。

そう考えていたところ、愛知県から愛・地球博記念公園(モリコロパーク)への招致の話をいただきました。

既に「サツキとメイの家」もあり、年間10万人以上が訪れます。バーチャルな世界ではなく、映画の記憶と自身の体験が結びつくところがジブリっぽくて、いいのだと思います。

ジブリパークは、バーチャルではなく、全身で感じられる本物の空間を目指します。

「ジブリの大倉庫」エリアを除いて、ジブリ作品に登場する建物や庭を本物として作る計画です。

そして、しっかり手入れをしていただき、公園に集う全ての人の宝物になることを願います。

そのためにも、理屈を公園にはめ込むのではなく、今ある公園を感じ、観察することを積み重ねていこうと思っています。

月刊ジブリパーク 2020年10月25日号

スタジオジブリの宮崎吾朗監督へのインタビューの2回目が掲載されました。5つのエリアの1つ、ジブリの大倉庫エリアについて語っています。

要旨は、次の通りです。

ジブリの大倉庫エリア

モリコロパークの旧温水プールモリコロパークの旧温水プール(後方の建物)

ジブリの大倉庫エリアは、温水プールだった建物内部に造られます。

来場者は、2階から入って、1階を回遊するように楽しみ、また、2階から出ていきます。

三鷹の森ジブリ美術館は、1階から地階に下がって、2階に進みます。

大倉庫では、2、3時間、ぐるぐる探検するように歩いてほしい。

ちょっとフェイクな感じで、大きな倉庫に、素敵なもの、怪しげな物などがごちゃごちゃ混ざっている方が面白いのではないでしょうか。

ジブリ美術館が、宮崎駿監督個人の作品のように作家性が強く出ている施設だとすれば、大倉庫は、間口を広くして、アイデア、熱意によって、新しいことができるようにしたいと考えています。

個人的な思いとしては、企画展示を変えるときは、ジブリ作品にこだわらず、内容をアニメーション全体に対象を広げて、庵野秀明さん、新海誠さんなどの作品を扱えるようにしてもいい。

展示以外の建物、子どもの遊び場も、一度造ったら終わりでなく、「面白そうだ」「やってみよう」と、手を入れていくことが大事だと思います。

「サツキとメイの家」旧管理棟解体

このほか、今回の「月刊ジブリパーク」では、どんどこ森エリアの「サツキとメイの家」で、2020年9月上旬にあった旧管理棟の解体工事の様子が紹介されました。

日本家屋の伝統工法で造られた建物は、解体後、部材の多くを再利用して、もののけの里エリアで、休憩所のような施設に再生されます。

新しい施設は、板葺屋根を石で押さえたような趣のある建物になるそうです。

ジブリパークの5エリアの計画は? いつ、どんな公園になるの?こんにちは、たけろーです。 数あるブログの中で訪問していただき、ありがとうございます。 愛知...