ジブリパーク

「ジブリの“大じゃない”博覧会」7月22日から名古屋・愛知県美術館で

こんにちは、たけろーです。

数あるブログの中で、「たけのこ家族」を訪問していただき、ありがとうございます。

たけろー
たけろー
今日は、ジブリの展覧会を紹介するよ。

たけよ
たけよ
わーい、楽しみ。連れてってえ!

たけろー
たけろー
コロナで、「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと2年。~」は延期になったけど、他のジブリ展を急にやることになったんだ。さあ、5人で行くよー。

スタジオジブリの作品の世界観を楽しめる企画展「ジブリの“大じゃない”博覧会」(愛知県、中日新聞社主催)が2020年7月22日~9月3日、名古屋・栄の愛知県美術館で開かれると発表されました。

会場ルポは、こちら

チケットは7月4日から、入場日時の30分ごとの時間指定で販売されます。各時間枠の販売枚数には上限があります。

会場は、愛知県美術館ギャラリーのA、B、H、I。
午前10時〜午後6時。金曜日は8時まで。月曜休み(祝日の場合は翌日休み)。
一般1500円、高校・大学生1100円、小中学生800円(いずれも平日は100円引き)、未就学児は無料。
会期前半(7月22日~8月10日)は、7月4日から発売、後半(8月12日~9月3日)は7月18日の午前10時からローソンチケットで発売する。

公式サイトによると、 ジブリの最新作である宮崎吾朗監督の長編アニメーション「アーヤと魔女」(2020年冬/NHK総合テレビ)の紹介ゾーンでは、今冬にNHK総合で放送される 「アーヤと魔女」 の ポスタービジュアルのほか、主人公のアーヤをはじめ、作品に登場するキャラクターの人形と人形劇舞台が展示されます。

フォトスポットでは、 「天空の城ラピュタ」「紅の豚」「ハウルの動く城」「かぐや姫の物語」など、ジブリの名場面を背景に思い思いの記念写真を撮ることができます。

2022年秋、愛知県長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)に開業する予定の「ジブリパーク」については、総合プロデューサーの宮崎吾朗さんによる建築模型やスケッチが公開されます。

名古屋市出身の鈴木敏夫プロデューサーが宮崎駿監督との思い出やジブリの作品を振り返るインタビュー映像も初公開となります。

公式サイトによると、歴代ジブリ作品のキャラクターもせいぞろいし、「千と千尋の神隠し」のコーナーでは、巨大「湯婆婆」と「銭婆」が登場。 三鷹の森ジブリ美術館から、大人気の 「となりのトトロ」 の「ネコバス」もやってきます。

宮崎駿監督が選んだ児童文学作品の直筆推薦文も展示。ジブリ作品が創作された秘密の一端にも触れられます。

展示物は、2メートル間隔で並べ、新型コロナウイルスの感染防止対策を徹底します。 詳細ページ

愛知県美術館で6月25日から開開催予定だった「ジブリの大博覧会~ジブリパーク、開園まであと2年。~」は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、延期になりました。今回は、これとは別の企画です。

公式ページ